相続税対策でアパート経営を行う時に、サブリース契約を結ぶと不動産のことを知らずとも賃貸経営ができる

皆さんの中には相続税対策を行うためにアパート経営に乗り出したという人もいるのではないでしょうか。相続財産を現金のままにしておくよりは持っている土地にアパートを建ててローンを組んだほうが最終的な相続財産の価値を下げることができて、節税効果があるということが言われているわけです。いきなり素人がアパート経営をしたとしても失敗する可能性があるでしょうから、ここでサブリース契約を結ぶということは有効ではないでしょうか。

相続税の基礎控除額が引き下げられた

相続税と言えば、今までのイメージだとお金持ちだけが関係する税金で、一般人にはあまりなじみがなかったかもしれませんが、相続財産があったとしても課税されない基礎控除額が引き下げられたたために、もしかすると一般人でも相続税を支払う可能性が出てくるということです。

具体的には法定相続人が1人いた場合に、以前であれば6,000万円までは非課税なのに対して、現在は3,600万円までというように一気に引き下げられたわけです。基礎控除額は法定相続人の数によってまた変わってくるわけですが、東京都内に持ち家があるのであればもしかすると相続税の対象になるかもしれません。

アパート経営は相続税対策に有効

相続税の対象になるのであれば、現金や更地のままにしておくよりはアパートを建てて賃貸経営をした方がいいということもあり得るでしょう。賃貸経営のノウハウが無いならば、サブリース契約にして管理を任せるというのでもいいのではないでしょうか。

賃貸経営をするなら法定相続人同士で話し合うべき

相続財産をどうするのかというのは法定相続人同士でしっかりと話し合っておかないと、後々揉める種にもなりかねません。賃貸経営をするなら、メリットとデメリットを比較しながら進めていってください。

関連する記事