サブリース契約を結ぶ時に家賃保証の減少のリスクに対する説明義務化がなされる

サブリース契約というのは宅建業法の対象外になっているために、契約を結ぶ際にリスクなどについてしっかりと理解を深めているのかどうかが疑わしいところがあります。何年ごとに家賃保証が下がるという可能性は大いにありますので、そこのところを十分に理解しておくべきでしょう。

サブリース契約について理解していないオーナーは危ない

サブリース契約と言えば空室時であっても家賃保証がなされるという風にしか思っていない人がいるわけです。サブリースについての仕組みを理解しないまま契約を結んでしまうということに原因があるわけです。オーナーとしては自分が得することしか目を向けないですし、サブリース会社としてもそういうところしか説明しないということがあるのでしょう。

家賃保証が減少する可能性は大いにある

30年契約を結んでいるとはいっても、家賃保証が30年間そのままというわけではないです。古くなれば古くなるほど家賃は下がっていくのが一般的ですので、当然ながら家賃保証についても下がっていくわけです。契約書を見てみると2年から5年ごとに家賃保証を見直すという条項があります。

しかし、実際のところは家賃保証の減少に関するリスクについて説明していないために、国民生活センターに問い合わせるというケースが後を絶ちません。そのため、事前に家賃保証が減少するというリスクについてサブリース会社はきちんと説明をする必要があるということを法律によって義務付けることになりました。

オーナー側はしっかりと自己防衛するべき

サブリース契約については説明が義務付けられる家賃保証の減少以外にもいろいろなリスクがあります。そういうリスクに対してきちんと理解を深めることにより、自己防衛ができるようになります。

関連する記事