サブリース契約を成功するためにはどうしたらいいのか?

近頃サブリース契約に対しての問題点について強く言われているわけです。いろいろな問題点があるわけですが、なぜそうなっているのかというと、オーナー側が賃貸経営を行うという意識が欠けていたことと、サブリース契約に対する理解が足りないことによって、起こっているということも要因としてあります。そうであれば、サブリース契約を成功するためにどうした方がいいのかということについて解説いたします。

自分でサブリース契約について調べてみる

オーナーが管理をしなくても済むというのはありがたいことではありますが、サブリースに伴ういろいろなリスクについては事前に知っておいたほうがいいです。リスクについて知らないと損をしてしまうということにもなりかねないです。せっかくメリットがあるサブリースではありますが、自分たちの無知によって損をしてしまうというのはもったいないことです。そうであれば、事前にサブリース契約について知ったほうがいいでしょう。

契約内容が不利にならないように契約書を確認する

サブリース契約を行う時に、オーナーが受け取るべき賃料というのは入居者の家賃の80%から90%だということが言われています。これがずっと保証されているのであればいいのですが、実際には何年ごとに賃料の見直しが行われます。その時になっても、契約内容が不利にならないためにも、きちんと契約書の内容を確認するようにしましょう。

サブリース契約の仕組みを知ったうえで、お願いする会社を選ぶ

サブリース契約にはいろいろなトラブルがありますが、仕組みについて知っていればそういうトラブルに見舞われずに済むでしょう。サブリース契約のことを知ったうえで、契約をお願いする会社を決めるべきです。

関連する記事