サブリース契約をオーナー側から解除したい場合はどうすればいいのか?

サブリース契約をオーナー側から解約したいということももしかしたら起こりうることではないでしょうか。サブリース契約はきちんとした契約になりますので、オーナー側から一方的に解約することはできません。解約するためにはいろいろなルールがありますので、今回はそういうルールについてしっかりと学ぶことにしましょう。

6か月前までに解約する旨を伝える必要がある

契約書には大抵6か月前までに解約するという旨の通知を行う必要があるという風に明記されていることが多いのではないでしょうか。契約書に解約に関する文言が明記されていなかったとしても、サブリース契約自体が建物賃貸借契約に当たりますので、それに準ずる形で6か月前までに通知するようにしてください。契約書に解約に関する文言が無かったのであれば、それをしっかりと明記してもらうようにするべきでしょう。

ただし、サブリース会社が認めた場合であれば、6か月以内であっても解約をすることが可能です。そう簡単にサブリース会社が解約するわけがありませんので、何らかの過失がある場合でないと難しいのが現状です。

サブリース会社が契約違反をした場合はこちらから一方的に解約できる

こちらから解約をする場合には前もって伝える必要があるわけですが、サブリース会社が賃料支払いを行わなかったり、過失による費用負担をしなかったりするなどの契約違反が発覚した場合に関しては、オーナー側が一方的に解約をすることができます。

サブリース契約を解除する場合についても確認しておく

契約を結ぶ時に契約を解除することについて想定していないかもしれませんが、契約を解除する時から考えるのではなく、契約を結んだ時から契約を解除する方法について確認しておくのがいいです。

関連する記事