サブリース契約って何?どんな得があるの?

賃貸アパートの経営方法というのは自前で全てを行う方法から、管理業務だけ外部委託する人やすべてに至るまで外部委託する人などそれぞれの考え方によって違ってきます。その中でもサブリースという方法はアパートを建てるお金については自前で出すわけですが、経営については基本的に外部委託するという方法に当たります。サブリースは確かに初心者でも挑戦しやすいわけですが、いろいろとトラブルが起こっていますので、注意をしていかなければいけないです。

空室があっても家賃保証をしてもらえるのが魅力

家賃保証自前ですべて行う賃貸経営であれば、オーナーと入居者が賃貸借契約を結んで、入居者を集めてその人たちから家賃を徴収することによって物件の建築費用などを回収することになります。サブリース契約であれば、オーナーはサブリース会社に一括で借り上げることによって、サブリース会社から家賃保証という形で賃料を得ることで物件の建築費用などを回収します。

サブリース会社から家賃保証を得ることになるわけですが、これは実際に空室になっていた場合であっても賃料がきちんと受け取ることができるという点で魅力的です。家賃保証については周辺の家賃からサブリース会社の利益を引いた額がもらえます。ただし、入居者が支払う家賃よりは低くなる点には注意をする必要があります。実際は入居者が支払う家賃を100%とすると、家賃保証は80%から90%と言ったところです。ただし、契約の期間ずっと契約時の家賃保証のままではなく、数年ごとに家賃保証の額が見直されるという可能性がある点に注意してください。

自分たちでアパート経営を行うとやはり空室リスクがあるというのは否めないです。空室ができるなかなか収入が安定しないということがあるからです。そこでアパート経営をサブリース会社に任せることによって、空室リスクを抑えることができて、収入が安定します。収入が安定すれば建築費用などを回収しやすくなります。

サブリースは収入がはっきりとするという点においては、収支管理がシンプルで済むという利点があります。収支管理がシンプルであれば、確定申告がしやすいので、わざわざ税理士に依頼しなくても済むということにもなるでしょう。

入居者に対する管理をする必要はない

入居者サブリースを行う時には入居者に対する管理は全てサブリース会社が行いますので、入居者の募集や入居者同士のトラブルの対処などもすべて行ってくれます。入居者に対する情報に関してはオーナー側は一切知らないですので、どういう人が実際に入居しているのかということは分からないです。

仮にオーナーが所持しているアポートで入居者トラブルが起こったとしても、入居者に対して対応を行うのはサブリース会社になりますので、直接オーナー側が関与することはないです。それに訴訟を起こされたとしても、オーナー側が訴訟に立つということは一切ないですので安心をしてください。

入居者との賃貸借契約においては家賃以外にも敷金や礼金、更新料があるわけです。敷金は原状回復のために使われて、その差額については返還されますし、礼金や更新料についてはオーナーが受け取るのではなく、サブリース会社が受け取ることになります。

サブリース契約はお得なこともある

サブリース契約は空室が出たとしても家賃保証をしてもらえますし、入居者に対する管理をしなくても済むという点でメリットは大きいです。しかし、様々なリスクもありますので、そこのところまで理解を深めておくといいでしょう。